これから作ってみたい人やギフトにしたい人必見!プリザーブドフラワーにまつわる豆知識

当サイトではこれから作ってみたい人やギフトにしたい人必見の、プリザーブドフラワーにまつわる豆知識をご紹介しています。
プリザーブドのフラワーアレンジメントを習うことができる場所はどこにあるのかも解説しています。
通信教育もある野かどうか知りたい人にもお勧めです。
さらにプリザーブドの花材に適している植物の種類や特徴も解説しています。
ハンドメイドが好きな人から素敵な贈り物をしたい人まで、きっと役立つでしょう。

これから作ってみたい人やギフトにしたい人必見!プリザーブドフラワーにまつわる豆知識

プリザーブドフラワーを作ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
お洒落で綺麗なプリザーブドフラワーを初めて作るなら、手作りキットを使うのもおすすめです。
また花材や道具を揃えることから始めるのも1つの方法です。
プリザーブドフラワーをギフトにするときには、色にもこだわるのが良いでしょう。
プリザーブドフラワーは長持ちするとはいえ年月が経過すると退色しますが、黄色系の場合は退色が目立ちにくいです。

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いを知ろう

プリザーブドフラワーはドライフラワーと混同されがちですが、これらは乾燥したお花という点では同じですが制作方法に大きな違いがあります。
ドライフラワーは、生花を乾燥させて水分を抜いたお花で、乾燥剤を使って作られることもありますが、基本的には風通しが良い日陰に吊るしておくだけで作ることができます。
水分が抜かれているので手触りはカサカサとしており、乾燥させる過程で色落ちしてしまうので生花のような鮮やかさはありません。
寿命については3~6ヶ月ほどです。
これに対し、プリザーブドフラワーは脱水・脱色を行って着色してから乾燥させて制作します。
見た目や手触りは生花に近い瑞々しさがあり、初めてプリザーブドフラワーを見た方の中には生花と見間違えてしまう方も少なくありません。
また、着色を行うため鮮やかな仕上がりになるのも特徴で、生花にはないカラーに仕上げることも可能です。
湿気や紫外線には弱いものの、適切な環境で飾れば数年間は美しさを保つことができます。

そもそもプリザーブドフラワーって何?永久に持つ花?

贈り物としても選ばれる機会が増えている「プリザーブドフラワー」ですが、プリザーブドは英語で保存されたという意味を持っており、生花の一番美しい時期に色素を抜き取って特殊な加工を施しているので、生花のように一定期間経つと枯れてしまう心配がなく、水やりを行う必要がないことが大きな特徴です。
生花のような花粉や香りはありませんが、特別な染料を用いて色付けをしているので通常生花にはない豊富なカラーバリエーションが楽しめることが大きなメリットです。
プリザーブドフラワーの最大の特徴の1つとして、約5年以上長持ちさせることができることにあります。
ヨーロッパなど比較的湿気が少ない地域で保存する場合、5年から10年持つと考えられていますが、日本など湿気が多い地域では長く保存させるためには高温多湿の場所を避けて飾るなど、保管する場所に気をつけるだけでも長く持たせることができます。
ただし直射日光や強い光を浴びてしまうと劣化してしまうので、永久にきれいな状態を維持できるわけではありません。

プリザーブドフラワーの作り方や完成までの流れを知ろう

プリザーブドフラワーは特殊な液を使用することから難しいように感じますが、実は意外と作り方は簡単です。
大まかなステップは、茎をカットし花のみにする、脱水と脱色、色付けと乾燥するという工程であり、作業だけならば最短3日ほどでできあがります。
プリザーブドフラワーを作るには花の色を落としてから着色し、すすぐという工程があるため、その際にそれぞれ特殊液が必要となります。
色付けはインクでも良いのですが絵の具では色を付けることができません。
着色にはおおよそ12時間から24時間ほどかかります。
さらに着色後はしっかりと乾燥させなくてはならず、季節によって異なるものの2日から7日程度が一般的です。
ただし冷暖房を使用している場合は室内が乾燥していることから比較的早期に乾き、アレンジの段階に進むことができます。
たくさんの工程を踏むので花材選びは重要であり、花が崩れないためにも肉厚で6部咲きのものが適しています。
薔薇やゆり、カーネーションは適していますが、サクラなど花びらが薄いものは適していません。

プリザーブドフラワーのメリットとは?

プリザーブドフラワーは生花を美しい状態のまま封印したものであり、長期間この状態を保つことができるので羽の手入れが苦手な人でもきれいなまま保管できることから、非常に喜ばれています。
一般的には生花に比べ高額となり、またそのサイズも小さくなってしまうことが欠点ですが、逆に小さいために置き場所に困らないと言うメリットもあります。
従来は端を保存する際にはドライフラワーにするのが一般的でしたが、ドライフラワーの場合には乾燥し変色してしまうため美しい状態をそのまま保つことができないのが欠点でした。
プリザーブドフラワーは色や形を損ねることなく、そのまま固定することができるものとなっているので非常に便利であることが特徴です。
一般的にプリザーブドフラワーはガラスケースなどに入れられ、その状態を長く保つための気体が充填されていることが多いので、安心して保管することができます。
匂いもしないので自由にどこにでも飾ることができ、長期間きれいな花を見ることができることがメリットとなっています。